[HOME]GUZZINO画像掲示板 [検索]

 ミッションアウトプットシャフト部のオイルシール交換   Guzzino岩瀬です   2018年6月9日(土) 17:25     Mail
[修正]
スイングアームのジャバラからオイルが滲んでいた場合はスイングアームまでしっかりと汚れます。

オイルシールの交換で直りますが、オイルシールまで辿り着くのがちょっと面倒ですが・・・

ホイール・スイングアームとリア廻りを外して一番奥にあるのはオイルシールです。ピックアップツールで外して新しいオイルシールを挿入すれば終了!!

ついでにピボットベアリングをお掃除してグリスアップしておきましょうね

 昨日のツーリング   Guzzino岩瀬です   2018年6月4日(月) 14:25     Mail
[修正]
いい天気に恵まれて走行距離450qを愉しく走ることが出来ました!!

目的は滋賀県の近江八幡市で近江牛を堪能する事でした。ホント絶品で近くに立ち寄った際には是非味わってくださいね。お薦めです。

愉しい筈のツーリングでしたが帰りの高速で免許証入りのお財布が走行中で行方不明となってしまいご迷惑をお掛けしました。すみません・・・・

 グッチネタではないけれど・・・・・   Guzzino岩瀬です。   2018年5月10日(木) 15:21     Mail
[修正]
常連のHさんが愛車を手放されるということでご紹介させて頂きます。

丸正自動車製造鰍フライラックR92(国内モデル)です。1964に発売された名車で輸出名はマルショー500だったと記憶しています。
国内モデルと輸出モデルの違いタンクエンブレムが国内モデルがライラックの「L」で輸出モデルはマルショウの「M」
BMWを意識してエンジンは水平対向ですがシリンダーはアルミでプッシュロッドはシリンダー上部に備わっています。

車両は過去にレストアが施されており、外観はクロームメッキが再生されていますので光り輝いており、今でもキック一発でエンジン始動します。走行距離は約21000km・・・少ない距離だと思います。

当時のカタログデーターは493cc水平対向2気筒、26.2kW(35.6馬力)/6300rpm、最大トルク4.8kgm/4700rpm、最高速は160q、前進4段リターン、始動はキックです。
兎に角トコトコと流すように走る姿はカッコいいですよ。

お宝を引き継いで頂ける方・・・・ご興味ある方・・・・・USED GUZZIに掲載させて頂きました。

    Guzzino岩瀬です。   2018年5月28日(月) 13:26     Mail [修正]
お陰様で嫁ぎ先が決定致しました。

沢山のお問い合わせ有難う御座いました。

 イモラのフォークOH   Guzzino岩瀬です。   2018年5月8日(火) 17:30     Mail
[修正]
フォークの動きが怪しい…ある程度しか収縮しないのです。突っ張った感じと言った方が解り易いですよね

この症状はフォーク内部にあるカートリッジダンパーがオイルロックしています。となるとカートリッジダンパーの交換しか復活の見込みはありませんね。という訳でフォークを取り外して分解しましょう♪

ダストカバーを外してみると・・・・インナーチューブには錆の影響で出来た痘痕の跡をペーパーで磨いたのでしょうか?

インナーチューブも交換ですね・・・

    Guzzino岩瀬です。   2018年5月8日(火) 17:38     Mail [修正]
中から出てきたフォークオイルは綺麗な状態だったのでオイル交換は行っていたみたいです。

でも懸念していたカートリッジダンパーは、オイルロック症状で5cm程度しか収縮しない状態でした・・・・これでは突っ張ってしまうので愉しくなかったと思いますね。勿論組立時には新品のダンパーを奢ってありますよ。
今までとは別物の動きをします。

アウターチューブの色落ちした部分はタッチアップでお化粧済です。

車体に取り付けて完成ですね!!

 20th '70S&'80S Italian Meeting   Guzzino岩瀬です。   2018年5月7日(月) 15:44     Mail
[修正]
今年で20回目となった70&80・・・・という事は20年も続けていた訳ですねぇ〜

ご興味あれば是非参加してくださいね・・・・

申込はトップページのアイコンをクリック願います。
P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14
全 101件  [管理]
CGI-design